中古のiPhoneの保証はそのまま使える

女性

保証は購入者ではなく持ち主

iPhoneの保証はスマートフォンの端末に付与されます。そのためプレゼントでiPhoneを購入しても買った人ではなくiPhoneの持ち主がその保証を受けることが出来るのです。

中古iPhone・iPadの人気ベスト5

no.1

iPhone6s・6sPlus

新しい機種とされているiPhone6sと6sPlusは今までのiPhoneとは形状が変わり角ばったデザインから流線型になったモデルで、男性からの人気が高いです。

no.2

iPhone6・iPhone5s

iPhone5sは従来のiPhoneとしてのデザインでこれぞiPhoneだ!と思わせてくれます。またそれから進化したiPhone6も革命亭なデザインと機能性で未だに支持されています。

no.3

iPadminiRetinaモデル

iPadminiRetinaモデルはiPadとしては持ち運びが便利になっているコンパクトサイズのiPadになっており、高画素密度を誇るRetinaディスプレイが使用されている機種になります。

no.4

iPhone5c・iPadAir

iPhone5cは今までのiPhoneになかったカラーバリエーションが特徴になっています。またタブレットとして大型ディスプレイで人気のあるiPadAirは現在でも需要が高いです。

no.5

最後にはiPhone4s

iPhone4sは初めてのiPhoneとして使っていたユーザーが多いとされているおり、そのため懐かしさや使い心地を求めて中古品として購入される方がいるとされています。

iPhoneにつけれる便利な保証の内容

iPhoneを購入した時点でつく保証

iPhoneを購入した時にはAppleから一年間の端末保証と90日間の電話サポートが付与されています。そのため、一年は保証をつけずにそのまま使用する方も多いです。

無償サポートを二年に延長する

無償でつく一年間の端末保証と90日間の電話サポートを保証をつけることによって2年まで伸ばすことが出来ます。2年間の保証があれば何かあった時も安心です。

操作に困った時には電話サポートを

iPhoneを初めて使う方、スマートフォン自体に慣れていない方は専用のサポートセンターを利用しましょう。丁寧に困り事に対応し、一回の電話で改善させてくれます。

端末保証はiPhoneの付属品にも対応

端末保証はiPhone本体のみではなく、付属品であるケーブルやイヤホン、内蔵バッテリーまで保証します。また修理に関しても最大2回まで低価格で行なう事が出来るのです。

iPhoneに関する事全てに対応

iPhoneでは音楽を聞くためのiTunesやインターネット上にデータを保存するiCloudなどのサービスがありますが、これらのサポートも保証をつけることで対応可能になります。

中古の保証を使うためには

男の人

保証は手続きなしでも大丈夫

中古iPhoneを購入した時に、前の使用者がiPhoneに保証をつけてそれがそのまま残っているというケースがあります。この保証は手続き無しで利用することが出来るのです。

保証の名義は以前の購入者

保証の名義はiPhoneを初めて購入した方になります。しかしそれが中古iPhoneを購入した方に何か影響を与えることはありませんので基本的に心配はいりません。

名義人を自分の名前に変更する

保証の名義を以前の所有者から現在の持ち主に変更することが出来ます。保証はiPhoneの機器につくのでサポートセンターに電話を行えば、変更手続きが行えるのです。

以前の所有者の情報は不明

保証が前の所有者になっている場合、個人情報が漏れてしまうのではないかと考える方がいると思います。しかし中古iPhoneから保証をつけた前の所有者情報を知らべることは出来ないです。

保証が仮についていない場合でも

購入した中古iPhoneに保証がついてなくても問題ありません。保証を再びつけることが出来ます。保証がつけば壊れた場合にも修理、修復のサポートが受けれますのでつけておきましょう。

広告募集中